作者別: admin

一生に一回ぐらいはいいかもなムーディフィットネス

美と健康への意識が高まる中、フィットネス業界の社会的価値が注目されている昨今です。比較的初心者向け、逆に鍛える意識の強い上級者向け、女性向けと、それぞれに特徴の違うフィットネスジムが、私の住む地域のあちこちでもよく見かけるようになりました。

そんな中、高い会費のことを思うととても通うつもりはないものの、ひと味違うラグジュアリー感たっぷりのフィットネスクラブの需要もこれはこれでまた分かる気がします。個人的に凄いなと思うのは、横浜のハーバービューフィットネスクラブ!

ハーバービューというネーミングになっているぐらいですから、その名の通り横浜のシンボルであるあの港一帯が臨める施設ですよ、ということでしょう。実際、行ったことこそありませんが、そのラグジュアリー感をひと目見てみようとHPをちょっと拝見しただけでも港を一望できることはもちろん、これは贅沢感たっぷりの設備であることが伝わってきます。

最上級のフィットネス環境を提供するコンセプトを謳っているように、この施設を超える上質で贅沢なフィットネスクラブも世間にそうそうないのではないでしょうか。とにかくもラグジュアリー感を感じるには充分なフィットネスクラブ、ハーバービュー。

ここまでの上質感を毎度のスポーツクラブ通いに求めないとして、こういうハイクオリティなクラブは一生に一回ぐらいは利用してみるのもいいのかも、なんて思いました。

あまり資本資本、お金と考えると嫌な感じがしますが、通っている会員さんはそれぞれに意味のある通い方やクラブライフの満喫ができればいいのかなと思います。それにしても最新の導入マシンといいプールやスパ設備といい、もはや一流ホテル級の豪華さでいっぱいのハーバービューフィットネスです。

といっても、横浜を代表するあのインターコンチネンタルホテルの4階に位置する施設なので違和感のない存在だとは思いますが(笑)。通っていらっしゃる会員の方々も、きっとセレブな人たちなんだろうなぁと憶測します。

夜なんてあの横浜港一帯のキラッキラの夜景を目の当たりにトレッドミルやジムワークをするなんて、想像しただけでも何ともムーディでセレブですね。いろんな意味インパクトのあるフィットネスクラブでした。

子連れ移動はとにかく大変。体力と精神力が必要。

電車移動の悩みって尽きない。車を持っていないので尚更、思うのですが子連れで電車移動って結構しんどいものですね。混み具合によってはベビーカー持って入るのも躊躇してしまいますし、車椅子やベビーカー優先スペースが空いてるとも限らない。基本的に「優先」なので、人がいても譲ってくれる事は稀です。

公共の施設って子供連れて歩きにくいとは聞いてましたが、ここまで面倒とは!エレベーターだって全部の改札にある訳じゃないし、子連れはこういう所でも体力勝負です。最近は第2子妊娠中の為、子連れで優先席にも堂々と座れるようになりました。

乳児より大きい子供だと優先席って座りずらい雰囲気があって遠慮してたんですが、お腹大きければもう誰も文句ないだろう!と開き直って座れるので楽です。立って歩けるような幼児が座ってると、悪目立ちしそうで中々座れないもの。小心者なので。

幸い、我が子は電車が好きなので大人しく乗ってくれますが、座席シートに靴が当たらないようにだとか、ベビーカーから出た足で他の乗客を蹴らないようにだとか。結構気を使います。

ある意味、開き直りの精神が大事なのでしょうが、ここで気を使えなかったら常識なしと見られそうですしね。中々、電車移動は大変です。それでも席を譲ってくれたり、並んでた順番を先にしてくれたりと親切な方も割りといます。

お年寄りが多いですが、たまにパパなんだろうなーと思うサラリーマンの方にも声を掛けていただいたり。見た目、アイドルオタクな服装の方にも親切にして頂いた事もあります。人は見た目じゃないです。

やっぱり、子供に免疫ある人と無い人で対応がガラリと変わるもの。同じような感覚で喫煙者の方の配慮にも感じいる事があります。お昼時に公園に行くと、何も言わずにスっとベンチから立って離れた所で吸ってくれる人。

吸う前に一言掛けてくれる方もいます。こういう人の為には喫煙所を増やしたりしてあげて欲しいなぁとも思います。こういう親切な方に支えられて、子連れで行動出来てるのだなぁと思う日々でした。

三軒茶屋星座館シリーズにハマってしまいました。

最近柴崎竜人さんの三軒茶屋星座館シリーズにハマっています。きっかけは妻が図書館から借りてきた本でした。妻は定期的に図書館に通っていて、その都度何冊か本を借りてきます。先日借りてきた本の中に、この三軒茶屋星座館がありました。

青い夜空の表紙がきれいだったこともあり、妻に借りて読んでみることにしました。これが見事にハマりました。主人公の和真が経営する古びたビルのなかにあるプラネタリウムのあるバーに和真の弟の創真とその子供の月子が突然やってきて共同生活が始まります。

このバーに来る常連さんや様々なお客さんたちとの間でいろいろな物語が展開していくのですが、これがどれも面白いのです。1冊で何通りかのストーリーが折り重なって展開していくのですが、重なり具合というか1つのストーリーの分量というか、そのあたりがとてもいい感じなので読んでいて飽きません。

妻は1冊目の三軒茶屋星座館と2冊目の夏のキグナスを合わせて借りてきていたので、1冊目を読み終わってすぐに2冊目を借りました。1冊目も良かったのですが、この2冊目の夏のキグナスがまた面白かったです。特に後半部分の月子のお母さんを巡る物語は先が気になって一気に読み進めてしまいました。

重くなりがちなテーマであるのですが、途中で挟まれるギリシャ神話の解説などが適度に軽さを与えてくれて、読んでいて気分も良く、しかも心温まるいい本だと思います。これまで2冊まで読んでいますが、あと2冊で完結という作品のようです。

今日妻が3冊目を借りてきたのですが、妻も気に入っている本らしく、先に取られてしまいましたので、読み終わるまでもう少し待たなければなりません。なんといっても借りてきてくれた張本人は妻ですので、その辺は順番を守らないといけません。

こんな感じで妻の借りてきた本を借りて読んでみると、自分で本屋さんや図書館で本を選んで読み始めるのとはまた別な出会いがあります。今回も作家の柴崎さんについて何の予備知識もなく読み始めたのですが、おそらく自分で読む本を選んでいたらこんな出会いはなかったと思います。思いがけずにいい本に出会えるととてもうれしくなりますね。

今日はお見合いでした(ペットの文鳥の♪)

知り合いから文鳥の里親を探している人がいると、お話を頂いたのが1ヶ月前。 母親が飼っていた小鳥を、親が長期入院で面倒見れなくなってしまったが、息子さんもペット不可のアパートにいるため、里親を探しているとのことでした。

基本、文鳥というのは途中からのペアリングはとても難しいと言われている種類の動物なんですが、先方はメス、我が家の文鳥はオス。ちょうど年も近いこともあり、もしかしたらカップルになるのではないかな?という淡い期待を抱き、お話をうけることにしました。

最悪、相性が合わなくて同居できなくても、別々のカゴで飼育し時間差で放鳥するとか、方法はいくらでもありますので、私が引き取るつもりで今日はお会いしました。

初めて会ったにもかかわらず、私の指にも乗ってくれたし、とても可愛がられて育てられた文鳥さんでした。正直うちの子はわがままだし、どうかなと思ったんですけど・・・。

仲人さん(笑)の家で待ち合わせたのですが、第一印象!めちゃくちゃ可愛い(*^^*) 最初は警戒していたものの、しばらくたつと、カゴごしでイチャイチャ。

うちの息子(文鳥)も気に入ったらしく、張り切って求愛ダンスをするなどして、とても相性がよろしいようなので、もう1回、日を改めて会わせてみて、それで正式に答えを出すということで今日は帰ってきました。

私の中ではもう決まっていて、ぜひうちの子になってもらいたいなと思っています!あわよくば、カップルになって雛が見れるではないかと期待してるんですけどね。

それともうひとつ、期待していることがありまして・・・。相手の文鳥を持ってきてくれた息子さんという方が、とてもカッコ良くてですねー(>.<)

文鳥のお見合いに来てるのに、私の方がドキドキしてどうする!!と、自分を御したものの、もっと年上の方がいらっしゃること思ったのに、私とさほど変わらない、しかも好青年が来ちゃったものだから、平常心でいられるわけがない。

しかも「なんか僕たちのお見合いみたいですね(笑)」なんて言われちゃった日にゃ・・・。ドキドキが止まりませーん!

お互い、今フリーということもあり、妙に意気投合してしまいました。文鳥そっちのけで話をしてしまい(息子よ、ゴメン)、文鳥がもたらしてくれた恋愛になりそうな予感がして、今日は眠れそうもありません(*^^*)

近所に住んでいる子供たちの朝の登校風景に思うこと

通学

近所に小学校2年生のお姉ちゃん、今年小学校入学したばかりの弟くんの姉弟が両親とともに住んでいます。数年前に一家で引っ越してきたのですが、姉弟どちらもとても人懐こく明るい性格で、私たち近所に住んでいるものたちにもあっという間に馴染んでくれました。

そんな姉弟は、いつも毎日我が家の前を通って小学校に登校していきます。ちょうど私が洗濯物を干す時間にかぶっているため、二人の登校風景を毎日見ることができます。普段は私たちには無邪気な顔を向けてくるというのに、この登校の時間だけは弟くんの様子が明らかに違うんです。

弟くんはすでに小学校に入学してだいぶ時間がたちますが、いまだに学校に慣れることができずにいるようです。毎朝我が家の前でお母さんの手を持ち、何やらぐずぐずと訴えている姿が見えます。お姉ちゃんの方は全然平気な様子で、そんな弟をちょっと離れたところから見ています。

お母さんに何やら言われて、うんうん、とうなづいてからようやくお母さんの手を離して、「バイバイ」と手を振り学校へととぼとぼと歩いていきます。その姿に自分のことを思い出してしまって、毎朝ノスタルジックな気持ちになっています。

私自身も、学校が大嫌いで、毎朝登校する前には母に力をもらってからなんとか登校していました。こんな時には、母の言葉や手のひらのぬくもりが、子供にとっては勇気の源になるのだろうな、としみじみ思います。

姉弟のお母さんと時々立ち話をするのですが、どうやら弟くんの方は学校で出る給食があまり好きではない様子。アレルギーなどは無いそうですが、もとから好き嫌いが多いので、学校の給食というものにプレッシャーを感じてしまっているのだそうです。

これはもう大人にはどうすることもできないし、お母さんもただひたすら見守るしかないようです。そんな話を聞いてから、より一層毎朝の登校の時間には弟くんの様子を見守るようになりました。洗濯物を干しながら、今日も頑張ってね、今日もちゃんと登校してえらいぞ、なんてこっそり応援しています。

久しぶりに魂が喜ぶ本に出合えて良かったです

最近全くついていないと感じます。生きているのがイヤになるぐらいストレスが溜まっています。自分を変えたいと色々頑張ってみたのですが、42年間も自分をやっていたらなかなか変われません。

自己啓発本を読んで、一瞬気持ちが前向きになったりするのですが、寝てしまうとまたいつものウジウジな自分になっています。今抱えている悩みは、今すんでいるマンションの騒音です。我が家は子供がいないので、超静かなのです。テレビもニュース以外観ないので、本当に無音なんです。

もともとガヤガヤ、ザワザワが苦手な私は、静かな環境を好んで生活しています。だからこそ、他人の騒音が他の人よりめちゃくちゃ気になってしまうのだと思います。その上、大きな音が怖いのです。特に予告なしに「ドン!」とかされちゃうと心臓が止まりそうになるぐらいびっくりします。

びっくりと言うより、怖くて不安になってしまうのです。もう自分の心の問題だと思います。なかなか改善されないこの悩みは、今生きていく上で克服したい悩みナンバー1です。もっと鈍感な心臓が欲しいです。もともと私は敏感に感じとってしまうので、本当に疲れます。

私の主人は真逆の性格なので、見ていて本当に、ラクに自然に生きている感じかして羨ましくてたまりません。絶対に寿命に影響していくだろう私のこの性格、なんとか、本当になんとか直したいです。

今日も不意討ちの「ドン!」にびびりまくり、家にいるのが苦痛で、近所の図書館に逃げるように行って来ました。やっぱり静かな図書館は、私にぴったりの癒しの場所です。心を落ち着かせながら本を読んでいました。

その時読んでいた本でめちゃくちゃ素晴らしい本を発見しました。あまちゆうとさんという方なのですが、生きる上で大切なことを分かりやすく書いてくれていて、一人でうなずきならがら読みました。宇宙の法則を分かりやすく説明してくれて、前向きになれました。

恐怖は自分で作り出しているんだと納得しました。もっともっとこの方の本を読んでみたいとネットで調べたら、亡くなっていました。とても残念です。でも生きる勇気をたくさんもらえて良かったです。

クレジットカードの選び方や保険・ポイント還元率について

クレジットカードのポイントを無駄なくストックすることに成功すると、ポイントだけで旅行に行ける等、人生にゆとりを与えてくれることになります。クレジットカード払いはキャッシュより非常に上手な払い方だと言えます。

海外旅行保険付帯クレカ

海外旅行保険がそもそもプラスされているクレジットカードも非常にたくさんあります。旅行に出発する前に、所有しているカードの補償条件について精査しておきましょう。

所有しているクレジットカードについている海外旅行保険を活用して、現地で支払わなくてはいけない治療費部分のキャッシュレスサービスで対応してほしいと思ってらっしゃる場合は、取り急ぎ、利用しているクレジットカード会社の海外サポートサービスなどの窓口に電話しておくのがいいです。

楽天カード

楽天カードっていうのは、日本最大の楽天の多種多様なサービスを利用することで、いくつもの魅力的な優遇を存分に受けられる、必ず持ちたい楽天利用者のためのクレジットカードです。

楽天グループをしょっちゅう利用しているという方の場合には絶対におすすめです。ETCカードも作れますし、持っていて損はないです。ただ、楽天カードのETCカードは年会費500円なので、ETCカード目的にカードを作るとなると少し抵抗感があります。なので、ETCカードが年会費無料のおすすめクレジットカードをご紹介しておきます。

多くのクレジットカードで使った額に応じて、設定に応じてポイントが次第に貯まるのです。そういったものの中で、楽天カードを使って貯めるポイントなら、楽天市場内で利用したものの支払い実行時に、ポイントで割引することが可能だから、イチオシです。

ポイント失効にご用心

各クレジットカードの利用で付与されるポイントは、もらった後の交換の気軽さも十分に点検しないと失敗します。時間をかけて貯まったポイントが失効するのは絶対に嫌ですよね。可能なら利用したときのポイントが失効しないセゾンカードなどがおすすめです。

最後にまとめ

何種類ものクレジットカードについてじっくりと比較検討していただき、普段の日常にフィットするクレジットカードをチョイスして、さらに上手な普段のお買い物や、いつもの暮らしの自然な倹約などに使用してみてはいかがでしょうか。